NAP-508

NAP-508は NAP-505と同形状で、その長寿命タイプとして新たに開発された一酸化炭素センサーです。
長期試験と種々の寿命予測加速試験の結果から、実使用環境下において10年の寿命が保証可能なセンサーとして、今までその搭載を見送られていた一般家電機器や火報器などにも搭載できるなど、優れた性能を保有しています。

また、使用しているプラスティック材料の高い耐熱性から、潜熱回収タイプの燃焼機器の排気ガスモニターにも搭載可能です。
(写真、図面はNAP-508R)

sns_pdf_baner

NAP-508の構造, 外観

検知対象ガスと濃度

ガス種 測定濃度範囲
一酸化炭素 CO  0 - 1,000 ppm

ガス感度特性

ガス種 濃度と出力値
 一酸化炭素 CO 21±5nA / ppm CO
ガス感度特性グラフ

定格

項目 定格
出力値再現性 ±2% 以内
応答時間 90%応答時間 45秒以内
ゼロ点ドリフト 10ppm以下 (-20 - +50 ℃)
周囲温度範囲 使用時 -20 - +50℃
周囲湿度範囲 使用時 15 - 90%RH
ガス感度ドリフト 3%/年以下
寿命 10年