LANGUAGE

RECRUIT

採用情報

  1. TOP
  2. 採用情報

NEMOTO SENSOR ENGINEERING CO.,LTD.MESSAGE

グローバル・ニッチ・
トップを掲げ、
共に、世界を翔け抜けよう!

STAFF INTERVIEW 社員インタビュー

一覧を見る

募集要項

私たちと一緒に働きませんか?
詳しくは「募集要項を見る」をご覧ください

募集要項を見る

INTERVIEW

K.N

2020年入社 / 20代
〈 営業職 〉

k.Nインタビュー

Q.1入社した経緯は?

人の良さそうな雰囲気に惹かれました。

「日本のモノづくりを海外に届ける」「自ら裁量を持って業務ができるところ」を漠然とですが、探していました。そんな中で偶然見つけた求人に応募したのがきっかけです。また採用面接時に感じた「人の良さそうな雰囲気」に惹かれ、入社を決めました。

Q.2やりがいを感じる瞬間は?

出来ることが増え、
自分で業務を推進出来たとき。

海外のお客様と1からやり取りをして、受注に繋がった時は嬉しかったです。もちろん上長や他部署の方々の協力を得ながら進めたのですが、自分がメインで担当することで、半強制的に当事者意識を持つことができたと感じます。これからも出来ることを増やして、自分が担当できる業務範囲を広げていきたいです。

Q.3今後成し遂げたいことは?

いまだ手付かずの地域に対する
新規開拓の挑戦。

まだまだ需要があるにも関わらず、参入することが叶っていない未開拓地域が世界には沢山あります。こうした未開市場に対し、当社に蓄積された豊富な海外販売実績と経験をフルに活かし、新規市場の開拓に挑戦したいです。

閉じる
閉じる

INTERVIEW

K.W

2015年入社 / 20代
〈 開発職 〉

k.Wインタビュー

Q.1入社した経緯は?

恩師の紹介。

世界に通用するモノづくりを行っている会社で研究開発をしたいと思っておりました。しかし、ホームページの情報や就職サイトではなかなかイメージがつかめず、就職活動が後回しになっている状況でした。そんな時に大学時代の恩師がこの会社を紹介してくださいました。自分の研究分野を生かせる仕事だったこともありますが、ガスセンサは工場だけでなく、家庭用としても広く利用されており、人々を危険なガスから守り続けている製品です。そのような多くの人を助ける製品の開発に携われたらと思いました。

Q.2やりがいを感じる瞬間は?

自分の考えたことに自由に取り組める。

自分が持つ開発テーマ以外でも、既存の製品の改良に取り組んだり、パッと思いついたことをやってみたりすることがあります。思いつきが実際に評価され、テーマになったりすることも開発内では割とあると思います。私も実際に試験サンプルを作って答え合わせするのですが、試験をするまでの間はどんな結果が出るのだろうと楽しみですし、自分が思いついたことがパッとできる環境にいるということは非常に幸せなことだと思っています。大半は自分の考えた通りにならないことが多いですが、多くの情報が得られ、ノウハウになりますのでそこで得られる充実感は大きいものがあります。

Q.3今後成し遂げたいことは?

持続可能な社会に向けた新しいセンサを
開発したい。

今後は持続可能な社会を考慮した製品化や活動がより求められます。環境配慮製品や人々が安全に暮らせるようにサポートする製品の開発、様々なインフラ設備の構築などが活発化していく中で、当社の技術がどこでどのように役立つのか先行して考え製品開発していくことが必要です。これからの新しい社会に必要とされるセンサは何か考え、提案し、社会に役立てたいと思っています。

閉じる
閉じる

INTERVIEW

T.N

2004年入社 / 30代
〈 営業職 〉

T.Nインタビュー

Q.1入社した経緯は?

ラジオで聞いていたネモトが求人を出して
おり、これは!と飛び付いた。

大学の就職課の新卒募集案内に『根本特殊化学』を見つけ、これは!と思いました。ラジオで根本特殊化学のN夜光の特集放送を聴いていたので、こんな有名企業から求人があるのかと驚き、早速応募しました。ただ、『ガスセンサ』?ってなに?というのが第一印象でした。当時は就職氷河期真っただ中だったので、本当に運の良い出会いだったと思います。

Q.2やりがいを感じる瞬間は?

様々な部署の方々とお会いすることで
知見を広めたり、お客様から感謝される時。

ガスセンサは化学反応を応用しているため、他の電子部品と比べるととても難しい製品ですので、お客様ヘは丁寧に説明をします。そこで「とても分かりやすかった」とか「疑問を解決する事ができた」等のお言葉をいただいたときにやりがいを感じます。また、ガスセンサは重要部品に位置付けられる事が多く、お客様企業の様々な部署の方々とお話できることも楽しみの一つです。

Q.3今後成し遂げたいことは?

新たな事業の柱を育て、社員の賞与を
増やす!!

国内市場は少子化の影響で先細りとなる事が予測されます。そこで、新たな分野・用途への展開を進めて行き、事業の柱の一つになるよう成長させたいです。また、組合の委員長としてみんなの賞与が増えるように、会社と戦っていきたいです!

閉じる
閉じる

INTERVIEW

R.M

2011年入社 / 30代
〈 製造職 〉

R.Mインタビュー

Q.1入社した経緯は?

学生時代の研究内容とモノづくりに
携わりたい気持ち。

学生時代の研究内容が「気体の吸着・脱離に関する新規材料の研究」であった。NSEで開発製造しているガスセンサと似た部分もあったこと、モノづくりの開発・製造にもたくさん携わりたいという気持ちもあり、これまでの自身の知識や経験が少なからず役に立つはず!と、思い入社を決意した。

Q.2やりがいを感じる瞬間は?

チームで問題解決を達成した時。

現在所属している製造Gでは、様々な数字(タクトタイム・良品率の向上等)を集計しているが、その数値目標を達成できた時にやりがいを感じる。今現場で起こっていることを自らの目と手で確認し、日々問題解決に向けて現場のチームで取り組んでいる。結果は数値となって現れ、加えて数値では見えない「チームで取り組んだことで共有できる達成感」を得られた時にこの仕事を選んでよかったと思う。

Q.3今後成し遂げたいことは?

量産体制確立のための各種自働化改善!

電気化学式ガスセンサは、非常に低濃度のガスを検知可能である。このセンサは今後更に大きな市場が生まれる可能性があり、その来たる将来に必要となるこれまで以上の量産体制の確立に向け、各工程の自動化を進め、NSEが保有する全センサの低コスト・高品質化を目指し、さらなる会社の発展に貢献したい。

閉じる
閉じる

INTERVIEW

A.M

1994年入社 / 50代
〈 開発職 〉

A.Mインタビュー

Q.1入社した経緯は?

ガスセンサってなに?からの出発。

私は新卒から当社一貫で勤めておりますが、入社当時はバブルがはじけた影響をもろに受けていた時代で、就職難という言葉が生まれたときでした。
そんな中、電子工学を先行して、物理・化学の両面を学んできた中でもその両面が必要とされるガスセンサの世界があることを知り、ガスセンサってなに?から始まり、非常に興味をもって入社した記憶があります。

Q.2やりがいを感じる瞬間は?

自分の開発した製品が世の中の安全・安心
の為に役に立っていることが実感できた時。

当社の開発員は、製品を開発し、量産化へ落とし込み、更には営業と一緒にお客様へ売りに歩くところまでを担うことが多い。そのため、我々のお客様のその先のエンドユーザー様までの感想を聞くこともある。
エンドユーザー様の生活、安全・安心の役に立っていることが実感できた時は、まさにエンジニア冥利に尽きる至福の瞬間です。

Q.3今後成し遂げたいことは?

一生現役のエンジニアでいたい。

エンジニアとして活躍できる時間はもうそれほど長くは残っていないと感じています。その中でもまだまだ若い者には負けん!という気概も持ち続けています。どんな将来が待っていても心の中には一生現役のエンジニアであることを誇りに会社の発展に貢献していきたいと思います。

閉じる
閉じる

INTERVIEW

R.N

2016年入社 / 20代
〈 製造職 〉

R.Nインタビュー

Q.1入社した経緯は?

面白い"ものづくり"ができる予感がした。

私は物を作る仕事がしたいと考えており、就職先を探しておりました。そのおり、縁があり、ネモト・センサエンジニアリングを知りました。工場見学したところ、独自デザイン製品などを作っていることを知り、ここでなら面白い製品が作れるのではないかと思い、入社を希望し、入社することができました。

Q.2やりがいを感じる瞬間は?

製品作業工程を改善し、会社に貢献できたとき。

一番やりがいを感じるときは製造作業工程を新しく設計している時に、試行錯誤し改善している時です。作業工程を改善するということは、作業時間や製品の不良率を減らすことなので、会社の利益に大きく関わります。そのため、改善を進めているときは会社に貢献できていると感じ、やりがいを大きく感じます。

Q.3今後成し遂げたいことは?

製造作業工程の管理技術を学び、
より広い範囲での改善活動に貢献したい!

今の私は製造作業工程の管理の能力が大きく欠けていると思っています。そのため、まずは管理の技術を学んでいきたいと思っています。そうすることで、さらに広い範囲で工程内の改善可能な箇所を把握できるようにし、会社の大きな利益に繋がる改善をできるようにしていきたいと思います。

閉じる
閉じる